So-net無料ブログ作成
検索選択

化学性食中毒

化学性食中毒(かがくせいしょくちゅうどく)とは食品あるいは食品原料に本来含まれていない有害化学物質を摂取することによって発生する食中毒。細菌性食中毒に比べて発生率は少ないが、発生すると大規模な事件に至ることが多い。有害食品添加物甘味料、調味料、人工着色料などとして食品に添加されたために問題が生じる。有害作用が確認されているものは添加が規制されている。有害保存料:ホウ酸、ホルムアルデヒド、サリチル酸、ソルビン酸ナトリウム、フッ素化合物、デヒドロ酢酸有害甘味料:ズルチン、エチレングリコール有害着色料:オーラミン、ローダミン、バターイエロー有害殺菌料:AF2有害漂白料:ロンガリット有害調味料:粗製アミノ酸醤油偽造品外観や香味が類似の有害化学物質を食品と偽って提供したためによる事故が知られている。メタノール終戦時のアルコール不足の際に、メチルアルコール入りの酒類が市場に出回った。農薬農薬の残留、汚染、誤用により、食中毒を起こす場合がある。DDTメタミドホス有害金属食品への混入、容器からの溶出、誤用、あるいは土壌からの流出により水を介しての摂取により食中毒を引き起こす。ヒ素銅カドミウムスズその他の化学物質ポリ塩化ビフェニル関連項目食中毒ヒ素ミルク事件水俣病カネミ油症事件メタノール事件中国産食品の安全性中華料理店症候群 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E6%80%A7%E9%A3%9F%E4%B8%AD%E6%AF%92」より作成カテゴリ: 食中毒隠しカテゴリ: 医学関連のスタブ項目

<詩音被告>ケタミン使用有罪 横浜地裁判決(毎日新聞)
陸山会土地購入 小沢氏不起訴へ、石川議員ら3人4日起訴(毎日新聞)
大分の強盗殺人、無罪「自白の信用性に疑問」(読売新聞)
プログラム不具合が原因=羽田空港の管制システム障害(時事通信)
同じ型の靴底公開=時効まで半年−八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。