So-net無料ブログ作成
検索選択

免停中も不正免許で公用車運転 “副業”で代行運転中に死亡事故起こした元高崎市職員、追送検 群馬・伊勢崎署(産経新聞)

 群馬県高崎市の職員だった男が代行運転のアルバイト中に歩行者をはね、死亡させた事故で、この男が免許停止処分を受けた際に免許証を不正取得し、運転を続けていたとして、伊勢崎署は、道交法違反(免許証不正取得、無免許運転)の疑いで、高崎市片岡町、元高崎市倉渕支所市民福祉課主事、富沢伸行被告(33)=自動車運転過失致死罪で起訴=を追送検した。

 同署の調べによると、富沢容疑者は平成20年12月11日、県総合交通センター(前橋市元総社町)で、運転免許証の紛失を装い免許の再交付を受けた疑い。また、免停期間中の同月15日と25日、それぞれ代行車と市の公用車を無免許で運転した疑いがもたれている。

 同署によると、富沢容疑者は違反点数の累積で、同月11日から約2カ月間の免停になっていた。期間中は免許を警察に預けなければならないが、同容疑者は不正取得した方の免許証を提出。代行運転出勤時などには、もとの免許証を提示していたという。

 富沢容疑者は容疑を認め、「アルバイトを続けたかったし、(市の)職場に免停を知られ処分されるのも嫌だった」などと供述しているという。

 高崎市は1月18日、同容疑者を懲戒免職処分にしている。

【関連記事】
昨年9月に続き無免許運転…懲りない市議を現行犯逮捕 茨城・笠間
一般道と勘違いし赤切符 速度取り締まりで
大阪・貝塚市長選に出馬予定の元副市長が無免許運転で摘発
無免許運転に校長室で盗み、道教委が教諭を懲戒免職
免停中に追突事故、男性にけが負わせた女逮捕

民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…(産経新聞)
つくば市元助役にも賠償命令=風車事業の失敗、責任認める−東京高裁(時事通信)
<自民党>激励というより苦言 テリー伊藤ら機関紙に寄稿(毎日新聞)
東京メトロ丸ノ内線、全線で運転再開(産経新聞)
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。